スニーカーの中では目にする機会の多いジャーマントレーナー。ドイツ軍のトレーニングシューズとしてうまれ、現在は数多くのスニーカーのデザインのもとになっています。そんな普遍的なデザインはどのように生まれたのでしょうか。今回はホワイト、ブラック、ネイビーの3色のジャーマントレーナーをNigelのバイヤー坂本さんに紹介していただきました。

MuuseoSquareイメージ

スニーカーの中では、見る機会が多い「ジャーマントレーナー(german army trainer)」。

元をたどるとドイツ軍のトレーニングシューズで、ミリタリーアイテムに分類されます。無駄を省いたミニマルな雰囲気が特徴で、数多くのスニーカー好きから支持されているこのスニーカーをご紹介。

定番のホワイトは、さまざまなブランドでデザインベースとして使用されており、「Maison Margiela(メゾン・マルジェラ)」や「Dior Homme(ディオールオム)」などのコレクションブランドをはじめ、スニーカーブランドなどでも展開されるほど、世界中でベースに採用されています。

 

実は色ごとに特徴があったジャーマントレーナー

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ👉ドイツ軍ジャーマンスニーカー

 

もとは1970~1990年に旧西ドイツ軍がトレーニング用に使用していたスニーカーが始まりで、スエードとスムースレザーの組み合わせが基本です。


また、当時生産していた工場は、アディダスやプーマなどの生産も当時行なっており、その当時に作られていたスニーカーを見るとジャーマントレーナーと同じデザインも多々あります。

定番のホワイトのスニーカーに関しては、生産数が多く一般にも出回りやすかったため、民間にも放出されていました。ブラックは、指導者など階級が上の人が履くスニーカーだったという説があり、生産数がホワイトよりも少なく、古着業界でも現在はなかなか見る機会が減っています。

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

 

両カラーとも室内用のトレーニングシューズなので、室内で滑らないようにガムソールを採用。またネイビーは、屋外用のトレーニングシューズなので、ソールの形状や素材が異なり、ポコポコ丸が連なるようなデザインの靴底になっています。

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

 

ミリタリー系アメカジ系に大人気!当时のオリジナルを忠を再现したクラシックでシンプルなデザイン性の高さはもちろん,独军トレーニングシューグシュとして认められた机能性の高さも特徴です

👉ドイツ軍ジャーマンスニーカー

 

香港の俳優「Edison Chen」が履いた1足

《頭文字D》静止画

 

インスタ映え

 

今買う👆👆👆